--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/10 2008

ついにMacユーザーもLogos Bible Softwareを!

 聖書関連の電子本を提供するシステムとして圧倒的な量を誇るLogos Bible Softwareです。Windows専門のソフトであったため、マックユーザーには歯がゆい思いがあったソフトだったことでしょう。しかし、ついにMacでも使用できる日がやってきます!
スポンサーサイト

続きをよむ
11/03 2008

Logos Bible SoftwareはOSが変わっても大丈夫なのか?

 Logos Bible Softwareの公式ブログ「Logos Bible Software Blog」に最近投稿された記事「Is my investment in e-books safe?」は、かなり大きい反響のようで、沢山のコメントが投稿されています。それもそのはずで、あらゆる書籍をデジタル情報として販売するところにつきものである、「パソコンの仕様が変わったら、全く使えなくなるんじゃないか」という不安に関するエントリーだからです。Bibleworksにしろ、Logosにしろ、現状でもOSの違いで使えない状況があるわけですから、今後のOSの変化如何によっては使えなくなっちゃうんじゃないか、という不安は尽きません。ちょっと丁寧にエントリーを検証してみる必要があるようです・・・。

続きをよむ
06/02 2008

The Theological Journal Library 最新動向

以前、米国の福音派神学論文を多数所蔵したソフト「The Theological Journal Library」をご紹介しました。その後、毎年最新号が販売され、現在はvolume10になっています。volume10は、2008年6月2日現在、単独では販売されておらず、volume1から10までの統合版というかたちで販売されています。しかも、volume9までコツコツと積み重ねて購入してきた総額よりも、volume1-10の統合版のほうが安い!新しく購入される方には朗報ですね。しかしコツコツ積み重ねてきた私としてはなんとも複雑な思いです・・・。もちろん、今まで通り、LOGOS社にてvolume1-5、6、7、8、9は単独販売されていますし、近々volume10の単独販売もされるようですから、ご心配なく。


 ところで、このTheTheological Journal Libararyに新しい利用の方法が開かれたのをご存知ですか!それは・・・
続きをよむ
03/08 2005

ソフト紹介「The Theological Journal Library CD」

福音派神学論文を検索できると助かるのですが・・・

 定期刊行物・共著本内に記されている論文を検索できるホームページEBSCOhost(エブスコ・ホスト)は米国中の論文検索ができるすぐれたWebサイトなのですが、Web上で閲覧できる論文には限界があります。私の経験によると年代が古いもの(1970年代以前か?)は検索・閲覧がうまくいかないケースがあります。検索も要約レベルの検索までであって本文全体を検索していないようです(私の経験による意見で未確認です)。キリスト教神学、しかも福音派神学という分野に限定して徹底的に論文を検索するために特出した検索システムがあると助かるのですが・・・
続きをよむ
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。