--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/06 2004

International Churchは可能?

「人間はキリスト教会においても同質な者が集まりやすい」と宣教学では言われてきました。
 教会成長運動(Church Growth Movement:CGM)の父Donarld MacGavran(1897-1990)は1965年Fuller Theological SeminaryにおいてSchool of World Missionを創設し、Homogeneous Unit Principle (HUP)を提唱しました。19世紀のインドにおける教会成長を分析したJ. Pickett著"Christian Mass Movements in India"から大きな刺激を得たマクギャブランは、自著"Understanding Church Growth"にて「人々は人種、言語、社会階級の壁を乗り越えることなくクリスチャンになることを好む」(163)とセンセーショナルな同質構成単位原理(HUP)を打ち立てました。それゆえ、そのような同質構成単位を社会の中から特定し、これらの同質構成単位内において伝道による回心の働きかけを促進することが、マクギャブランの推進するCGM支持者たちの中心的な宣教の手法です(Mark Laing. "Donald McGavran’s Missiology: An Examination of the Origins and Validity of Key Aspects of the Church Growth Movement." Indian Church History Review. XXXVI/1. 2002. 9-10.)。マクギャブラン自身「人類というモザイク状の数え切れない断片の数々がクリスチャンになることができるにはこの方法(HUP)以外にありえない」(406)と言明しました。

スポンサーサイト

続きをよむ
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。