--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/17 2004

神学、それから宣教

イスラム圏宣教におけるDispensationalismの悪影響を危惧される場合があります
 [SKJ]■世界キリスト教情報■第708信に「宣教師にかき回されるクウェートのキリスト者」という記事があります。イスラエル国家を聖書の預言の実現と解する西側福音派の「キリスト教シオニズム」に対してイスラム教徒の多いクウェートのキリスト教牧師が苦言を呈したことが報じられています。この記事を受けて、Dispensationalism(ディスペンセーショナリズム)という神学体系に警句を発する雑記がGrace馨子の英国徒然雑記 Jul 19, 2004に記されています。この雑記によると、海外宣教が盛んな欧米福音派に大きな影響を与えているディスペンセーショナリズムの立場からは、イスラエル建国は終末の預言が成就しつつあるしるしと解釈され、現地(クウェート)のキリスト教布教に却って弊害を及ぼしてしまうそうです。もしこれが真実であるならば、福音派神学はディスペンセーショナリズムという神学体系自体を危惧しなければなりません。どのようにこの課題に取り組めばよいのでしょうか。
スポンサーサイト

続きをよむ
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。