--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/17 2009

【引用 Matthew 3:15】イエスがバプテスマを授かることが“正しい”に関して

イエスがバプテスマのヨハネからバプテスマを授かることを「正しい」(マタイ3:15)と言った意味についての見解の引用。
スポンサーサイト

続きをよむ
01/17 2009

【引用 John 1:29 神の小羊】 J. Lighthoot

Rogers Jr., Cleon L. and Cleon L. Rogers III. The New Linguistic and Exegetical Key to the Greek New Testament. GrandRapids: Zondervan, 1998.にて、J. Lighthootに言及しながら「小羊」について解説された言葉。

続きをよむ
09/26 2008

使徒16:31は家族が必ず救われる約束?

 「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」(新改訳)という使徒の働き16:31は、家族の救いのために祈るクリスチャンにとって、最も励まされる御言葉の1つです。しかし、時に、「私がイエス・キリストを信じれば、家族も救いの恵みに必ず預かるのだ」と考え、この御言葉を、私の信仰によって家族が必ず救われる約束として受け止められる場合があります。たとえば日本キリスト改革派教会中部中会日曜学校委員会が発行する「子どもカテキズム」の問73には、クリスチャンの子供に幼児洗礼を施す証拠聖句の1つとして使徒16:31を挙げ、このように理由を記しています。

キリスト者の子どもは、恵みの契約によって、教会の中に入れられていますから、洗礼を施します。そのほかには、信仰を告白して、教会に許された人でなければ、洗礼を施してはなりません。


 「恵みの契約」というのは改革派神学特有の概念で、一言で言うと「神が、キリストの贖いを根拠として、信仰告白者たちとその子供たち全体を救われること」と言えます。鈴木氏によると、長老改革派が信者の子供に幼児洗礼を施す根拠は、アブラハムとその実の子孫が霊的・現世的祝福を得る契約の証印として受けた割礼にあります。使徒16:31を引用しながら、旧約の割礼から幼児洗礼へと類推して「恵みの契約は、福音の豊かさゆえに、新約の時代になっても適用範囲が拡大されることはあっても縮小されることはない」(1032)と言っています。非常に複雑な理論ですが、要するに使徒16:31の御言葉を、「私個人の信仰によって、少なくとも私と私の子供は救われる」と理解しているようです。

 一方、この聖句を「私の身にも起こった神の救いは、同じように家族にも実現可能である」という家族の救いの実現可能性として受け止める人もいます。ルイースとディマーストは共著「Integrative Theology」にてこのように記しています。

kai ho oikos sou(『あなたの家族も』という句のギリシャ語。訳者注) という句は、看守の信仰が彼の家族を救ったという意味ではなく、彼の身に起きたと同じことが家族にも起こるチャンスが開かれていたという意味であるというのは重要です。(3:265)


 もしそうであれば、家族の中にクリスチャンがいてもいなくても、親がクリスチャンであろうがなかろうが、永遠の滅びから救われるためには、年齢によって区別なく一人一人がイエスを主と信じなければいけません。一体、使徒16:31はどちらの意味で理解すべきなのでしょうか。

続きをよむ
08/29 2008

テモテ まとめ資料販売開始!

テモテ PDFダウンロード資料

著者: 西原智彦

パウロの愛弟子テモテについてA4サイズ3ページにまとめた、コンパクトかつ充実の資料!聖書の記述、ギリシャ語の解説、地図をフルカラーで加えた決定版!



 新約聖書の学び資料第一弾、テモテの販売を開始します!PDFファイルでのダウンロードですから、すぐパソコンで学ぶことができます。「テモテの父親は?」、「パウロとテモテが初めて会ったのは?」・・・案外知らない歴史を各種参考文献と聖書から明らかにします!霊的示唆を頂くことができる3ポイントにまとめられていますので、デボーションにも最適!その内容のアウトラインは・・・

続きをよむ
03/27 2008

ロマ11:26 「イスラエルはみな救われる」とは?

ロマ11:26「イスラエルはみな救われる」には大きく分けて3つの理解があります

「こうして、イスラエルはみな救われる」(ロマ11:26)という聖句は、理解に苦しむ最も困難な箇所の一つです。9章から11章にかけて神の選びについて語るパウロは、そのクライマックスとして11:25-26を語っているといってよいでしょう。この箇所の理解には大きく分けて3つの理解があります。
続きをよむ
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。