--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/25 2005

神が与えてくださったのは「永遠への思い」?

伝道者の書3:11の「永遠への思い(ハオラム)」はさまざまな訳の可能性があります
 口語訳聖書新改訳聖書新共同訳聖書すべてが伝道者の書3:11にあるオラム(”ハ”は冠詞)を「永遠(を思う・への、思い・心)」と訳しています。普及している日本語聖書が足並みをそろえているからでしょうか、「伝道者の書・永遠への思い」という言葉で検索するとGoogleで194件もヒットしました。「有名な言葉です。伝道者の中でも、特に信仰きわだった言葉ではないでしょうか」と解説をされる方もおられる中で異論を紹介することはやや辛いのですが、実はさまざまな訳の可能性があります。
スポンサーサイト

続きをよむ
12/09 2004

伝道者の書12:11は霊感の証明聖句?

伝道者の書12:11「ひとりの羊飼い」を神ととらえる場合があります
 「知恵ある者のことばは突き棒のようなもの、編集されたものはよく打ちつけられた釘のようなものである。これはひとりの羊飼いによって与えられた。」(新改訳聖書)という12:11を聖書の霊感の証拠聖句と考え、「ひとりの羊飼い」を「神」と考える方々がおられます。たとえば、J. Stafford Wrightは「知恵ある者はその知恵をイスラエルの羊飼い、つまり真の唯一の神から得るのです・・・この聖句をそれ以外の劣る意味として読むことは決してできません」("Expositor's Bible Commentary: Psalms, Proverbs, Ecclesiastics, Song of Songs." The Expositor's Bible Commentary Vol. 5. Frank E. Gaebelein ed.)といいます。
続きをよむ
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。