--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/08 2008

DT読書会 6th week 感想エントリー

 DT読書会、6th weekは、クリスチャンの成長の場としての「世」!神は、霊的家族の交わりと教会の礼典以外にも、この世の中での試練・困難を通じて、クリスチャンを成長させられる!なんという積極的・攻撃的な、素晴らしい信仰姿勢ではないでしょうか! えてしてクリスチャンは教会の関わりにおいては恵みを感じ、喜びを見出しますが、一人一人が平日に遣わされている家庭、会社、学校では隠れクリスチャンになって、クリスチャンとしての生活を実践しない傾向がありますよね。やはりそれは、この世でクリスチャンとして生きていくことが大変だからなのでしょう。しかしファーガソンは、この世での大変さを通しても、神は私たちを成長させて下さる、というのです。

 私たちはどれほど、この類いの成長を阻害してしまっているのでしょう。それは「恵み」ではなく「摂理」(神の間断なき働き)だ、というあたりに、ファーガソンの神学的考察の優れた点を見ることができますね。"恵みボケ"とか、"甘えた信仰姿勢"といわれるような、信仰生活の問題点が、「キリスト教信仰を恵みだけで語ろうとする」ことから発生していることに気づくのではないでしょうか。クリスチャンの成長(聖化)と神の摂理、異教国日本でもっともっと強調されるべきキリスト教神学の一視点であることに気づかされました。

 ではQuestionへの答えを発表!

Questionへの答え

  1. 神がこの世の中でクリスチャンを成長させるその方法をファーガソンは一言で何といっていますか?(16ページ)
    ■Answer: 摂理(providences of God:神の間断なき働きのこと)
  2. 神は試練や困難を通して、クリスチャンをどのように成長させることができますか?3つ答えなさい(16-18ページ)
    ■Answer: 第一に私たちを試すことによって、人生において神の恵みに信頼することを学ばせる。第二に私たちをきよめる。第三に人々に仕えることを会得する。
神は試練・困難を通して、私たちが隣人に仕えることを会得させられる!私は今一度、信仰生活における試練・困難の重要さを覚えることができました。本当にそのとおりです。イエス様はまさにその模範ですね。

 では次週の読書箇所のご案内をいたします。

6th week(2008/8/2土~2008/8/8金)のご案内

A. 読書箇所

  「Overcoming Obstacles」を全部   (18頁下から4行目~22頁まで)

B. この箇所で記されていること

「成長のゴールは何か?」、「成長に必要な栄養分」、「成長に必要な環境」がすでに語られ、ここで取り上げられるのは「成長の敵・成長を阻害するもの」です。その3つである世・肉・悪魔に対して、具体的に対抗していく手法が語られます。

C. 英単語アドバイス

PAGE 19
antagonism 敵がい心
mould 鋳型
devour 食い尽くす
weed 雑草を取る
plot 陰謀を企てる
assassination 暗殺
transient はかない、一時的な
ephemeral 短命な
investment 入り組んだ、複雑な
PAGE 20
rivet びょうで打つ、集中する
indelibly 消すことができないように
PAGE 21
methodically 周到に、規則だって
induce 帰納する、引き出す
PAGE 22
usher 案内する
regress 退歩する

D. Question

  1. 雑草のごとく私たちを食い尽くそうとする「世」の思いを取り除く3つの方法は何?(19ページ)
  2. 罪深い「肉」の思いを克服する5つの方法は何?(20-21ページ)
  3. 「悪魔」に立ち向かうために最も重要な御言葉はどれ?(21ページ)


 今回の箇所は、非常に具体的に私たちの霊的成長へ示唆を与えることでしょう。敵がわかってこそ、霊的戦いに見事に勝利できるのですから。この冊子の読書会も残すところあと2週!ご質問、ご感想、ご意見など、大歓迎です!コメント、トラックバックなどをご利用下さい。MVR賞目指してファイト!


blog comments powered by Disqus
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。