--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/03 2008

BibleWorks 7.0の使い方 Yale University編

 Windowsでの聖書研究ソフト最高峰のBibleWorks、使い勝手が良い、軽快なソフトとしてかなり重宝しています。関心するのはその検索技術。バージョン6から「これはすごい!」と感じているのですが、ギリシャ語、ヘブル語本文の検索パターンが非常に豊富になりました。AND検索やOR検索は当たり前ですが、「特定の2つの単語が5単語以内にある検索」とか、「動詞の特定の変化形だけの検索」とか、かなりマニアックな検索ができるようになりました。さらにAdvanced Search Engineという機能も加わり、検索の論理を図式化したQueryで設定できる機能も盛り込まれました。特定の文法的表現や慣用句的表現の検索がガンガンできるようになり、個人的にはヘブル語釈義に大いに役立っています。

 しかし、優れたソフトの検索能力も、それを使いこなす技術がなければ役立ちません。検索のためのコマンドラインを簡単に理解できれば・・・、そんな願いにYale Univeristy Divinity School Libraryはウェブ上で応えてくれています・・・ 


 Yale Univeristy Divinity School LibraryのDivinity Library Instructional Guide: BibleWorks 7.0というウェブページでは、bibleworks初心者に必要な事柄からはじまり、ちょっと深めの検索方法まで簡単に列挙してくれています。bibleworksには、ソフトともに仕様書もついてくるのですが、1から100まで書いてある、まさに仕様書なので、具体的に活用していくHow to本としては使いにくいところがあります。その点、このウェブページは、学生が知りたいであろうHow toに特出していますので、検索手法をマスターするのになかなか良いと思います。


blog comments powered by Disqus
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。