--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/16 2008

聖書の間違いを感じたときの2つの対応

 聖書の中には一見すると「あれ?矛盾してるんじゃない?誤りじゃないかな?」と思うような箇所があります。キリスト教を捨て去る人の中には、ある意味真剣にこの種の間違いに思える聖句を丹念に調べて信仰を捨て去る人もいるようです。中には、この種の間違いに思える聖句から、新しい神学を展開する人もいます。

 この種の議論は、「聖書の真実性を守ろう」という意志をもって真剣に聖句を勉強しない(もしくは、したくない)結果である場合が大半です。私としては「相手に恥をかかせてもいけないかなあ」という日本的自制心と、「実りの少ない議論に首を突っ込んでもなあ」という保身的感覚が働いて、二の足を踏むところがあります。ただ、ネット上や一般書店では、案外この手の情報が先行し、純粋なクリスチャンを惑わす結果になるので、日本人のキリスト教保守派の聖書・釈義神学者や考古学者の誰かが情報発信して、明らかな証拠をもって論駁しまくってほしいなあ、と思っています。

 とくに、19世紀の終わりから20世紀にかけて旧約聖書は、その真実性への疑いをかけられっぱなしだった、といえます。キリスト教信仰の世俗化に伴って、旧約聖書の歴史的真実性への疑いが高まり、当時は考古学が発展していなかったために適切な論駁ができず、信仰を守ることが難しくなりました。そして、近代神学者たちによるJEDP説によって、旧約聖書はボロボロに断片化され、それこそが知的なキリスト教と思われました。しかし、20世紀後半からはじまった中近東の考古学の爆発的発展によって、JEDP説は学問的に論拠がなりたっていないことが次々に発覚し、21世紀の現代、旧約聖書の世界ではまさに保守派復権の世紀になったといえるかもしれません・・・

 一例として、かつてのJEDP説では「アラム語の混入した聖句はバビロン捕囚期以後に記されたもの」という論拠がありました。しかし、紀元前820年に編集された「ハマスのザキール王碑文」が発掘され、そこにはカナン系の言語とアラム語が混在していることがわかりました。同じく紀元前8世紀初頭に編集された「パナンム碑文」にもヘブル語とアラム語が混在していることがわかりました。さらに、紀元前15世紀にウガリット語で記された文学「ラス・シャムラ」にもカナン系の言語とアラム語が混在していることがわかりました(アーチャー 143-44)。つまり20世紀初頭の旧約聖書神学の世界では、アラム語はヘブル語より新しい最近の言語と理解されていたのですが、20世紀後半になると、実はアラム語は非常に古い歴史をもつ言語であったことが分かったのです。考古学による知識がなかったとはいえ、保守的なキリスト教信仰をあっけなく捨て去ってしまい、「聖書には誤りがある」という前提にたって知的な学びを展開した代償はあまりにも大きいです。

 さて、このような旧約聖書神学の流れを見るとき、「一見すると聖書に矛盾があるように感じるとき」の対応には、アーチャーが自著「A Survey of Old Testament Introduction」にて記しているように(37)2種類があり、信仰姿勢によって対応はおのずから決まってしまい、そしてその結果、益々その信仰の量りにしたがって信仰内容は固まっていくのだと思います。1つは「矛盾が解決するまで、聖書の不可謬性を疑う」という対応姿勢であり、もう1つは「矛盾を感じても聖書の不可謬性を信じ、矛盾が解決されるときまで待つ」という対応姿勢です。どちらも前提条件がある考え方です。前者には「自分が理解できないことは疑わしいことである」という前提があり、後者には「自分が理解できなくても聖書は正しい」という前提があります。どちらかの対応姿勢をとる人だけが優れているとは思いませんが、20世紀の歴史を踏まえて21世紀にキリスト教信仰者として生かされている私としては、後者の対応姿勢を喜んで選択しています。
 
 「見ずに信じていたことを見てみたら、それが正しかった!」、学べば学ぶほどに体感するこの喜び、分かち合う方が増えると、さらに嬉しいのですが・・・。

A Survey of Old Testament Introduction

著者: Gleason L. Archer

出版社: Moody Press

ハーバード大学でB.A.、M.A.、Ph.D.を、プリンストン神学大学院でB.D.を、スッフォルク法学校でL.L.B.を授与し、トリニティーエヴァンジェリカル神学院の旧約聖書とセム語族の教授。保守派神学者として大活躍。Amazon.co.jpでは結構お値段が高くなっています。



blog comments powered by Disqus
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。