--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/19 2008

FC2ブログでSEO対策 H1タグ編

 FC2ブログの特徴はテンプレートの編集が自由自在なことです。今回はHTMLの中の<h1>タグ関連を編集して、ブログの記事一つ一つのページへのSEOを効果的にする方法を学びましょう。

 <h1>タグはウェブページ1つにつき一回のみ使用すべき文章論理構成のタグで、そのウェブページの題を表す重要なタグです。通常のブログでは、このタグ内にブログの名前が挿入され、視覚的にも題目となっています。ブログのトップページにおいて、ブログの名前のみが<h1>タグでくくられているのは良いことです。しかし、ブログはどんどんと記事が増殖していくのが特徴であって、それぞれのページに独自のURLが割り振られ、それぞれのページに対して、検索エンジンが対応していきます。ですから、ブログの名前よりも、それぞれの記事の表題が<h1>タグの中に書き加えれば、それぞれの記事に関連するキーワードが検索サイトでヒットする可能性が高くなります。

 たとえば、「Devotion Time」をキーワードに各種検索サイトで検索すると、ほぼ100%、このサイトがトップになり、ある意味当然なことでしょう。しかし、それとは別にたとえば「創世記3:15」で検索するとこのブログのエントリー「創世記3:15は原福音? 」がほぼ100%トップになります(2008/11/19現在)。ブログのトップページではなく、ブログ内の記事ページがトップになることは、SEOを施す者としてはこの上ない喜びですし、また、このキーワードで探し物をされている方にとっても探す時間を短縮でき、うれしいことでしょう。

 FC2ブログの場合、「新しい記事を書く」のページで記事をかけば、あとは勝手にプログラムが新しいウェブページを作成してくれます。各ウェブページのHTMLファイルを作成する基本形が、テンプレートのHTMLです。ですから、このテンプレートHTMLの<h1>タグ部分に少しの手を加えるだけで、すべてのページの<h1>タグに、各ページの題目を挿入できるようになり、検索でヒットしやすくなり、検索サイトからの訪問者が増加するのです・・・。


 分かりやすくするために、FC2ブログで多用されている「star_night」というテンプレートを用いて説明しましょう。

<h1>タグにSEOを施さない場合



コピー&ペーストでこの絵を利用する

 このテンプレートをそのまま使用した場合の<h1>タグは黄色い部分に表示されます。ブログの名前ですね。これは、ブログのどのページを見ても変化ありません。「ブログが変わらなければ当然じゃないか!」などとは思わないで下さい。当然ではなく、テンプレートHTMLをそのように設定しているから、そうなってしまうのです。以下のようなテンプレートHTMLになっています。

<h1><a href="<%url>"><%blog_name></a></h1>


 <%url>は、ブログのトップページURLを代入する変数で、<%blog_name>はブログの名前を代入する変数です。どのページにも一様にブログの名前だけに<h1>タグが掛かるようになり、そのリンク先が常にブログトップの設定にしてあるので、結果的にブログ内のすべてのページにおいて同じ結果が表示されるわけです。

<h1>タグにSEOを施した場合



コピー&ペーストでこの絵を利用する

 このテンプレートに若干の手を加えると<h1>タグの部分にブログの記事の題目がそのまま挿入されていますね。勿論、別の記事を開くと、<h1>タグ部分も新しい記事の題目に変わります。このようにすれば、デザイン的な問題はさておき、検索エンジンに対して非常に効果的なブログになります。先ほどの<h1>タグ付近のテンプレートHTMLを以下のように変更しています。

<!--permanent_area-->
    <a href="<%url>"><%blog_name></a>
    <h1><a href="javascript:window.location=this.location" title="<%sub_title>"><%sub_title></a></h1>
<!--/permanent_area-->
<!--not_permanent_area-->
    <!--category_area-->
        <a href="<%url>"><%blog_name></a>
        <h1><a href="javascript:window.location=this.location" title="<%sub_title>"><%sub_title></a></h1>
    <!--/category_area-->
    <!--not_category_area-->
        <h1><a href="<%url>" title="<%blog_name>"><%blog_name></a></h1>
    <!--/not_category_area-->
<!--/not_permanent_area-->


解説

  • permanent_areaかどうか、もしpermanent_areaでなければcategory_areaかどうか、3つの場合わけがなされています(もしそれ以外の表示を行うブログであれば、その場合を記す必要があります)。
  • <%sub_title>は各記事の題目にあたるので、これに該当するページではブログ名の<%blog_name>ではなく、<%sub_title>のほうに<h1>タグが掛かっています。
  • <%sub_title>のリンクが<a href="javascript:window.location=this.location">となっていますが、これは表示された記事ページの自URLを取得するjavascriptです(ここらへんは変数を使ったスマートなやり方があるんじゃないかな?と思っています)。
  • <h1>タグがある<a>リンクタグだけにtitleをつけ、そこに記事題目もしくはブログ名が放り込まれるようにしています。


さらにデザイン的に手を加えた場合



コピー&ペーストでこの絵を利用する

 ページ毎にブログのタイトル部分の内容がコロコロ変わるのは、たとえ検索エンジンに好ましくても、訪問者に好ましいとはいえません。そこで当ブログでは、<h1>タグ部分をグローバルメニュー風の部分に落とし込んで、ブログのタイトルは画像で表現しています。テンプレートHTMLは、ほぼ先ほどの場合と同じで、そこにCSSで若干の手を加えているだけです。このソースを知りたい方はこのページのソースをご自分のブラウザで見てくださればお分かりになるでしょう。

 デザインの若干の変更を余儀なくされることでしょうが、確実に検索エンジン最適化が大幅に前進するはずです!各自の責任の下で頑張ってください!

検索にガンガンヒットするホームページの作り方

著者: 渡辺隆広

出版社: 翔泳社

SEO(検索エンジン最適化)に特化したアドバイス本。ロボット型検索エンジン対策、ディレクトリー型検索エンジン対策、さらには検索エンジンスパムにならないための注意点など、かなり参考になります!広告をうつ前に必ず投資して対策すべき、する価値のある本です。



関連あるブログのエントリ一覧



blog comments powered by Disqus
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。