--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/04 2010

【静岡散策】 鶴舞公園

 東名高速清水ICの北、清水厚生病院のすぐ近くにある鶴舞公園は、小高い丘に巻きつくように作られた公園です。大掛かりな遊具があるわけではありませんが、小奇麗に整備されていて、そこそこの遊具があり、散歩道もあって、ちょっとしたピクニックに最高な、休日に家族で一休みできる、ひっそりとしたスポットです。

続きをよむ
10/17 2010

新改訳聖書の引用は『通算で』250節まで!

福音派のクリスチャンに悲しいご連絡です。


口語訳聖書や新共同訳聖書と比べて、極度に保護意識の高い著作権を主張されているのが新改訳聖書。


「引用は250節まで」というルールは財団法人日本聖書協会新改訳聖書著作権管理事務局も同じなのですが、大きく異なるのは新改訳聖書著作権管理事務局が主張される「表示、非表示に限らず」という文言。


新改訳聖書の著作権保護と普及が両立できるよう、いろいろと工夫してみたのですが、本日、決定的なことが分かりました。それは新改訳聖書の引用は一つのウェブサイトで『通算で』250節までだということです!ポイントは「通算」だということ!これがどういうことかといますと・・・



続きをよむ
09/16 2010

DTランダムに「深イイ」、「う~ん」ボタン追加!

 聖書の言葉をランダムに1節表示できる無料ブログパーツDTランダムをご愛顧いただき、ありがとうございます。3万以上ある聖句の中から無作為に1節を選ぶシステムにより、思わぬ御言葉に出会う機会が増えました。ただ、不特定多数の方の目に触れるのがブログパーツなので、「この御言葉はちょっとドギツイなあ」とか「前後関係の分からない中でこの御言葉だけ切り抜いたら、キリスト教が誤解されちゃうよ」、ということがしばしばありました。そこで、ご利用者の皆様のご協力をいただいて、ブログパーツにふさわしい聖書の言葉を選別していくことにしました・・・。

続きをよむ
09/04 2010

vdsフリーでvdsSpeakFinishCallbackを克服する!

 合成音声による聖書の音読を1日1章読む無料ブログソフトDTリスニングでお世話になっているのがWeb合成音声配信システムvoice delivery systemです。ウェブ上でテキストを合成音声読み上げしてくれるAPIです。1ヶ月5万字まで読み上げてくれる無料版があります。これほど優れた技術を無料で提供してくださるので、本当に感謝なことです。

 さて、vdsの無料版には、プログラム上、ちょっと困った点があります。それはvdsSpeakFinishCallback関数が使えないという点です。文章の読み上げが終了した時に呼び出される関数なのですが、有償版のみ使用ができることになっています。長文の読み上げには結構重要な関数なのです。といいますのも、vdsは読み込んだテキストをリアルタイムで音声にしてflashで再生する仕組みなので、その仕組み上、長文を一回ですべて読み込ませるとパンクしてしまいます。1000文字以内に細切れにしていく必要があるわけですが、そのときに「前の文章を読み終えたので、続けて次の文章を読んでください」という指示をプログラムしなければなりません。そのときに文章を読み終えたことを告げてくれるvdsSpeakFinishCallback関数をどうしても使いたくなるのです。これが使えればデモのような、読み上げの進行に合わせて、読み上げ部分を視覚的に示すようなことができるようになります。

 でもなんとかして無償版のまま文章を継続して読み続けたい!デモのようなことができるようになりたい!しかもvdsSpeakFinishCallback関数を利用せずに成し遂げたい!そんな願いを、音声の出力中であるか否かを調べるisSpeakingメソッド(無料版でも仕えるメソッド)のみを使ってやってみました・・・

続きをよむ
05/30 2010

最初の子要素を追加するDOMメソッド

jQueryなどのライブラリーにより、ほとんど意識しなくなりつつあるDOM(Document Object Model)ですが、基本を押さえておくことはやはり重要ですね。

ある要素の子要素を追加する、しかも最初の子要素として追加する場合、jQueryならば「$(要素).prepend(子要素)」となります。
<body>
    <p>文章1</p>
  <p>文章2</p>
</body>
例えば、上記のHTMLの中のBodyタグ直下に「<h1>タイトル</h1>」という要素を追加したい場合、jQueryでは以下のように記します。
$(document.body).prepend('<h1>タイトル</h1>')
そうすると以下のようにHTMLはダイナミックに変わります。
<body>
  <h1>タイトル</h1>
    <p>文章1</p>
  <p>文章2</p>
</body>
 jQueryなどのライブラリーを使わない場合、「子要素を追加する」というのはちょっとした工夫が必要です。といいますのも、DOMそのものには子要素(子ノード)を一番最後に追加する「appendChild」はあるのですが、一番最初に追加する「prependChild」というメソッドがないからです。ではその方法は・・・

続きをよむ
このページのTOPへ
聖書リスニング
DTメンバー募集(無料!)

Devotion Timeのメルマガメンバーになりませんか!メンバー限定企画もあり!ご希望の方はメールアドレスを入力して下さい。(さらに詳しく >>)

Profile

ブロガー: 西原智彦
1972年広島生まれ。ロボットが好きで工学修士に(1996)。聖書に惚れ込み、実践神学修士に(2005)。(さらに詳しく >>)

カテゴリ
お問い合わせフォーム

個人的な感想、ご質問にどうぞ

お名前(ハンドルネームOKです):
メールアドレス:
件名:
本文:

Copyright © Devotion Time All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。